スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下り

公務員の天下りが問題になっている。が民間にもこれに似たことがある。

私は大手の下請け等にいたのだが、役員とか部長にだいたい取引先で定年退職した人がきている。
要はお客である大手とのつなぎ役と称し、代々、引き継がれている。

その人たちはどう思っているか知らないが、中小企業としては結構な待遇でおもてなしをする。
若手社員が2人は雇える金額はもらっているだろう。
で、休みや帰宅する時間も結構、自由だったりする。
同じようなことだが、大手の本社の役員になれなかった人が、グループ会社にいくのも同じこととだ。
昨今はこのシステムも崩壊し、中途半端な年齢でリストラされる中高年も多いと思うが。

また、年金の受給が伸びたことにより、定年も伸びている。

ただでさえ、パイがないのに、これでは中高年、若者の雇用が生まれるはずがない。
普通に考えれば分かる。

もう国内にはパイがないのだ。

豊臣秀吉の時代だったかなあ、もう活躍した武士に分け与える土地がないので、海外に求めた。

新興国と言われるところに行って、働くしかないのではなかろうか?










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。