スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゃちょさん

サラリーマン社長、オーナー社長とあるが私は感覚的にオーナー社長のほうが好きだ。
今、話題のO社の元社長や某Yグループの会長って、直接、会うと凄く魅力的な人なんだろうけど
報道で知る限り、あまり好きにはなれない。
社長や会長といっても所詮はサラリーマンなのだ。オーナーでも創業者でもないのに
?と思わすことが多い。
最近、問題を起こしたO社(前述とは異なる)の創業者のお孫さんの社長だが、
まあ、創業者の孫だからしょうがないんじゃない?と思ってしまう。
こういうのって個人の感覚の問題だから、何がいいとも悪いとも言えない。
逆に言えば、私みたいな人間が会社を作ったら、好きにやりたいから起業したんだから
やりたいようにやらせてほしいと身勝手な経営者になるのだろう。

今、勤めている会社の社長は尊敬もできるし、好きか嫌いか?と聞かれれば好きだ。
前述の社長は報道でしか知らないので、比較するのはフェアではないが、今、勤めている会社の
社長のほうが尊敬もできるし、好きだ。

でも、どの会社で働きたいか?と聞かれればO社やYグループで働きたい。

人間なんて勝手なものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も、働くならサラリーマン社長の組織がいいですね。

フジマチャドさん


オーナー社長の組織(自分がまさにそうですが)で、働くのは嫌ですね。サラリーマン社長の組織の方が、福利厚生などは明らかに優れていることが多いですから。


日本の税法や会社法などは、「所有と経営の分離(上場企業が殆ど)」をしている組織を前提に作られており、所有と経営が一致している同族の中小零細企業においては、組織の維持コストが高くなっています。


そのため、オーナー社長の組織においては真っ当に事業をして儲けるのは非常に難しく、サビ残が横行したり福利厚生が 悪かったりすることが、サラリーマン社長の組織より多くなります。


働くのなら、サラリーマン社長の組織の方が良いのは当然なのです。法律上も、サラリーマン社長の組織が企業経営の原則ですし。

No title

磯辺さん、こんにちわ。

待遇もそうですが...

会社を経営するということはそれに伴い、リスクも伴うわけで、私達従業員とはまた違った葛藤が
日々あるのでしょうが...

お金っていくらでも欲しくなるのでしょうねえ。
だから、金持ちはどんどん金持ちになっていくのでしょう。

なんか、的外れなレスになってすいません。

No title

お金っていくらでも欲しくなる。というよりも
お金っていくらあっても心配なんだなと言ったほうが適切かな。
プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。