スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一社受かればいいというが...

随分前に若い人が就職難で大変だ!!みたいなのをテレビで特集をしていた。
その時、宮根さんが就職で困っている若い人たちに、一社受かればいいんですから。
と励ましていた。この人の発言にケチをつけるつもりもないし、むしろ、こんな時は
励ますしかない。

でも、現実は...
受かる奴は内定を何社ももらっている。もらえない人は0なのだ。
その一社がもらえない人はもらえないのだ。
時代は違うが私の知り合いで大手商社I,M、Nから内定をもらった奴がいた。
決していい大学ではなかった。が商社に行きたいと随分早くから言っていた。

私よりちょっと後に、入った22歳の子がいる。就職浪人しているのでとにかくバイトをってことらしい。
私がいうのもなんだが、就職までの道のりは険しい気がする。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

fujimachadoさん


中○年○業○日○からリンクを辿って来ました、磯辺 悠貴と申します。


仰る通り、内定社数は2極化しています。複数貰える人と全く貰えない人に…内定者の内定先の規模も、「大企業や官公庁や特殊法人」と「中小零細企業」に別れていますね。


最も、内定社数や内定先の規模に限らず、今は何でもかんでも2極化していますが…


私の知り合いの後輩(○橋大学経済学部 卒業見込。22歳女性 )は、1ヶ月に満たない就職活動で4社受けて3社内定しました。全て日経225銘柄の既得権益型大企業で、本社採用です。ただ、同級生の中には100社受けても内定なしの人が少なからずいるらしく、○橋大学とはいえかなりピリピリしていると言っていました(過去に、○橋大学卒業見込でどこからも内定貰えなかった女性のインタビューが某新聞に掲載された)


1社内定欲しくても、その1社すら貰えない人が増加し続けているのです…

No title

磯辺 さん、こんにちわ。

資本主義において二極化はやむを得ない現象なのでしょうが、働く場所がないというのは
困ったものです。

特に日本の場合、最初に就職できないと一生ついてまわりますますから、
若い人が就職できないのは酷な話です。
海外に留学、専門学校に行くなどして、就職できなかったという事実をぼやかすしかないのが
現状ではないかと思います。が、各家庭も大学だした子供に更にお金をかけるほど経済的ゆとりもないでしょう。

転職の面接で40すぎた今でも、最初の就職の話から始まりますからね。

面倒臭いので、もう、昔のことなので忘れました。ということもありますよ。


日本においては、

fujimachadoさん


日本社会は過去の汚点に厳しく、経歴に空白期間や非正社員期間があったりすると、鬼の首をとったかのようにしつこく突っ込んで来ますからね。そこで、第三者が納得できる理由を言えなければ不採用になったりします。


最初の就職についても同様で、現在の日本では大学卒業後(大学院修了後)の3年間は何をしていたのか?を厳しく問われます。この時期、上手く乗り越えないとまるで懲役していたかのような扱いを受け、転職するにも後々まで不利になります。


就職できなかったから、留学や専門学校へ行く選択肢もだんだん厳しくなっています。経済的な余裕がなくなっているのもありますが、留学や専門学校に行っても理由を厳しく問われ、結局、就職できない人達が相次いでいるからです。

No title

磯辺さん

日本における就職って何なんだって?て思います。
私の年齢でこんなことを言っている時点でアウトなんでしょうねえ。
そういうことに挑戦しようと色々やってきましたが、ご覧のような有様になってしまいました(笑)

嘘だらけの志望動機、嘘だらけの転職理由を面接でいうことに疲れました。(笑)
嫌だから辞めた。じゃ駄目なんですかね(笑)

空白期間、非正社員期間が汚点になってしまうというのも私には全く理解できません。

まあ、文句ばかり言っていてもしょがないので、一度、自営での道を本気でトライしてみます。







自営…私が辿った道です(笑)

fujimachadoさん


中○年○業○日○でのコメントを読むと分かりますが、私、かつて自営でした。現在は、株式会社の代表取締役役社長(一人法人ですが)をしています。


志望動機や転職理由は、私も考えるのに疲れましたね。こんなどうでもいい下らないことを真剣に答えないといけないことに嫌気が差して、起業したというのもあります。


選ばなければ仕事はある!選り好みするな!などと言っておいて、選ばずに面接受けても志望動機や転職理由を聞かれるという…死ぬほど嫌いな仕事でも、生活のために選ばずに仕方なくと言うのが理由であっても、それ言ったら不採用!


正直、先進国であっても大多数の人はやりたい仕事ができないのに、志望動機や転職理由をしつこく聞く無意味さに耐えられないですね。芸能人やスポーツ選手など以外のフツーの仕事(公務員や会社員)をしている方の多くは、第三者が聞いて納得する志望動機や転職理由なんてないでしょうし。せいぜい、“安定“だの“参入障壁が高く、起業が非常に難しい業種(製鉄業など)“だのくらいでしょう。とても、志望動機や転職理由とは言えないですね。

No title

磯辺さん

話が合いますね。

でも、そういうこともそつなくこなす能力がサラリーマンには必要なのかもしれませんね。
私は失格ですよ。自分で言うのもなんですがこの年までよく頑張ったと思います。

転職理由をしつこく聞かれるのには参りますね。
私の場合は数が多いので疲れますよ。最後のほうは聞く方も、疲れて適当な感じですね。
っていうか転職をネガティブにとるなら、そもそも中途採用なんかするなって感じなんですけどね。
どんなポジティブな理由をいおうが、ネガティブな理由をいおうが、物事には両面存在しますからね。

志望動機は創業者を調べて、べた褒めしとけばいいのではないでしょうかねえ。
そしたら採用担当者もその点に関しては無下にはできないでしょう。

私も失格ですわ。

fujimachadoさん


なので、起業家です(笑)fujimachadoさんはパン屋で起業されるのですね。


設備投資などでかなりの金が掛かるかと思いますが、成功を祈ってます。


私はもう組織に雇われて働く生き方に戻りたくないですね。経歴がめちゃくちゃすぎて、戻れないというのが正しいですが(笑)正直に経歴書いたら、書類選考で確実に不採用になる経歴なので…

No title

磯辺さん、こんにちわ。

おっしゃるようにパン屋の最大のネックは初期投資です。
ですから、パン職人はたくさんいるが、パン屋を起業する人というのは少ないと思います。
居抜き物件も決して多くありませんし。
あっても高いですね。

私の持ち金なんて知れてますから、小さく生んで大きく育てるしかないですね。

ない知恵を絞って、何とかするしかないですね。


プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。