スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスト削減

私の働いているところでもこのご時世、コスト削減で頭がいっぱいだ。
何年か前にリストラもしたようだ。
雰囲気で分かる。
若手が台頭し、中高年がわきにおいやられている。
今のパン造りは機械化もすすみ、技術よりも体力とスピードだ。
より安く、より多く造る。
品質はそこそこ出てればよい。異物混入には異常にうるさい、これもご時世だろう。

仲良くなったおっさんが一人いる。
この道35年の大ベテランだ。が脇においやられている。
私と似たような仕事をしている。
スピードと柔軟性では私の方がもはや上をいっているのではないのか?
しかし、経験豊富なだけに色々なことを良く知っているし、何かあるとこのおっさんに聞くことにしている。
だいたい解決する。
機械化が進んでいるといっても、最後は人間の能力がものをいう。

しかし、時給で働く私とこのおっさんの給料を比べた場合、コストパフォーマンスとしては
私のほうが上だろう。表面的には。

このおっさんがつぶやいた。「そもそもいいパンを造ろうという気がない。」
私も激しく同意だ。
まだ、この道に入って間もない私でもそれはないだろうということが平然と行われる。

100%のものを100個つくるよりも、70%のものを200個造る方が企業としては価値があるのだ。
そのうち50個は失敗してもいい。くらいの勢いだ。

そもそも物造りからこだわりをなくしたら、仕事の面白さはない。
マイクロソフト社が台頭し、アップルの危機が一時期ささやかれていた時があったが、
スティーブジョブスのこだわりが巻き返した。

私も今、どうやっていパンを造ろうか?というよりもどうやったら早くできるか?しか考えていない。
まるでタイムを競うスポーツだ。

私は以前、管理会計の仕事をしていたこともある。
よくもまあ、ぬけぬけと偉そうなことを言っていたものだ。と今は心から思う。

効率化と合理化。
つまるところ、人間なんていらない!!てことになってしまう。

今の私の心境は機械の体を求めていたが、一転し機械帝国の破壊に走った星野鉄郎だ。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。