スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接心得その一

中高年に限らずとも、面接に呼ばれて不快な思い、なぜ面接によんだ?という経験をしたことがある人は
多いのではないか?

私も何度かあり、こういう経験を何度かすると面接が決まっても素直に喜べない自分がいる。
が疑心暗鬼になってしまうのはやはりもったいない。

面接によばれたからには採用する意思があるからよばれた!!という意気込みでいったほうがよいと思う。

ちなみに今回、面接をして頂いた2社さんは非常に紳士的な対応をしてくれました。
が、私自身が疑心暗鬼になっている部分が少しばかりあったように思う。

もちろん、疑心暗鬼になっていたことが採用に至らなかった理由と言っているのではなく、
今回、ちょっと強く思ったことです。



スポンサーサイト

結果ご報告(面接二社目)最終章

面接の後、結果は先週の時点で来週と言われた。ということは今週だ。
月曜日、来ない...
火曜日、来ない...

ヤバイ!!と思った。産休を取っている女性が戻ってくるなら私は退かなければならない。
火曜日の昼過ぎにマネージャーより、産休を取っている女性が保育園がとれなかったと聞かされる。
どうやら保育園は半年おきにしか申し込みができないようなので、今年末までの仕事は
確保!!
不採用、現職を失うの最悪のシナリオはさけられたものの、私の描いていた青写真、内定もらって、女性も戻ってきてさわやかにさっていく!!が崩れた...
いやな予感!!

水曜日、来ない...

木曜日、夕方。メールをチェックするときている。
件名をみると...
間違いなく不採用のパターン!!
わずかな期待を残して本文に...
やっぱり不採用だった。

私が面接で感じた通りのアットホームな感じの会社らしく、私個人あてに書かれているようだった。
どうやら最後の二人まで残ったようだが、選ばれたのは私ではなかった!!ようだ。
こんなことはしたことがなかったが、あまりに感じのいい文章であったので、選考して頂いたお礼を書いて返信しておいた。

正直にいえばもらった!!と思っていた。
ただ、応募者多数の時代。油断はできない!!と思っていたのも事実。

私的には完全にはまった!!と思っていただけにダメージは大きい!!

縁があればまた会えるさ!!ということで、ネクスト!!











結果ご報告(面接二社目)2

社長面接に行ってきました。
自己紹介と志望動機を考えていったが...

1時間半弱みっちり。つかれた~。
今までの職歴を一個一個聞かれた。
経理の経験もみっちり聞かれた。かる~く英語もしゃべらされた。
が嫌味なところは一切なく、いかに向こうが真剣なのかもこちらに伝わった。

もちろん、志望動機も聞かれた。なぜ御社なのか!!多分、納得してもらえたと思う。

最初にしっかりとあいさつ、最後に力強く入社したい意思を伝える。
相手もしっかりと聞いてくれた。
最後に力強く入社したい意思を伝える。って結構、ポイント高いかも?と思った。
姿勢を正して聞いてくれていた。

2次面接は今週いっぱい続くらしいので、結果は来週になるとのこと。

今にして思えば、ああしておけばよかった!!こうしておけばよかった!!と
思うことはいっぱいあるが、久々に充実した面接であった。
内定!!といきたいところだが、こればっかりは他の候補者との兼ね合いもあるので、神のみぞ知るところ。
お礼及び入社したい意思を書いたメールを人事あてに送っておいた。
人事を尽くしてて天命を待つ!!

あとは淡々と応募を続ける日常に帰るのみ!!







結果ご報告(面接二社目)

2次面接へ進むことが決まった。

社長面接だ。
スキルに関しては1次面接で面接とテストの両方で相当やっているので、
そこはクリアしているはず。そもそも社長面接だから、スキル面のことを問われるとは考えにくい。

社長の直感でこいつと働きたい!!と思わせたい。
なぜ、この会社で働きたいのか。
そこだけしっかりしていこう。

結構、面接でいわれること。
「それにしても会社かわりすぎてるのが気になるんだよねえ。」という方向にもっていかせないように
しないと(汗)

結果ご報告(面接一社目)

2次面接で落ちました。

イケイケの会社でしたので、条件面を言った時点で駄目だったかもしれないですね。

仕事の内容的にはチャレンジしたい分野ではあったのですが...


ご報告(面接二社目)

面接2社目に行ってきた。(一次面接)
面接日を間違えるという大失態をおかした。
一つ、言い訳をするとすれば6月11日(月)と書かれていたので、月曜日と思っていたのだが
6月11日は火曜日なのだ。
月曜日の指定時間に行く。内線で面接の旨を伝えるも、向こうの反応が変だ。
会議室に通されたものの、面接官の来客があるとのことで、明日きてくれとのこと。
やってしまったなあと思いつつも、ここは前向きにとらえるしかない。

面接は比較的順調に進んだ。
転職理由も淡々と述べ、特に突っ込まれることもない。
何をやってきて、何ができるかに重点が置かれていたように思う。
テストもあり、何ができるか?に重点を置かれている気がした。

面接の中で、希望年収の話がでた。
面接官のほうから今は派遣で働かれているので、その前の職の年収はおいくらでしたか?
と聞かれた。こういう言葉だけで十分なんですよ、私は。
私の希望額を伝える。もちろん、その前の職より大幅ダウンの金額を伝える。

次が社長面接とのこと。ということは最終。
今、現在、次に進んでください!!という連絡は来ていない...












ご報告(面接一社目)

というわけで面接に行ってきました。
まずは2次面接。
乾坤一擲、決めてみせるぜ!!と意気込んでいって参りました。

今回は一次面接をして頂いた人事の人とこの会社の経理のコンサルタントをしている人の二人が
面接官であった。主に私の経理的な実力を見るといった感じだった。
私のほうも今、行われている経理業務について色々と質問した。
話を聞くなかで色々な問題が潜んでいることを感じた。

この面接に臨む前に条件面の話がでた時に、規程には準じるが3ヶ月後の給与見直しをしてもらうことは可能か?と
やんわ~り言うつもりでいた。

一通り、コンサルタントの人との面接が終わると、人事の人から条件面等でなにかありますか?といわれた。
前述の通り、やんわ~り言おうと思っていたのだが、コンサルタントの話を聞いて、いかに経理部の現状が
かんばしくないかを感じ取った私は、前回の条件に怒りを覚えた。
相手はこてこての日系の会社にも関わらず、外資系よろしく、年俸ン百万円(世間相場より全然安いと思います)と希望額をストレートに言ってしまった。

人事の人も面喰らったようで、入社時には難しいとのことだった。
実力を見せて頂かないとというので、ここで初めて、試用期間終了後に見直していただくことは可能か?と
尋ねたら、それは可能だ!!とのことだったが、表情からはノーのオーラ全開だった。

まずは試用期間終了後にとジャブをいれ、希望金額は口にしない!!と決めていたのだがやってしまった...

でも、その職責でそれはないだろうという金額だ。
こういうことはあまりいいたくないが募集要項に大きな偽りあり!!だ。
しかも条件面では納得いくまで話し合いましょう!!など美辞麗句のオンパレードだ!!
正直、それを試したい気持ちもあった。


かれこれ時は経つが何の連絡もない。
内定が出るときは早い!!の法則に従うと、まあ、無理だな...

正直言えば、これで最後の職場!!となるかは分からないが、転職を繰り返すのはもうやめようと!!と
思っているので、こっちも相手を見ないと...

これで駄目ならしょうがないし、後に書くが、次の面接して頂いた会社がよかった!!!

なんとかなるさ、いや、なんとかする!!
















プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。