スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分を悪くする人

マネージャーの男性、女性、私の3人で経理部は構成されている。

この女性、なにか違和感を感じる。

この前、マネージャーと昼食をとった時に、「フジマチャドさんが休みの時に
A子さんと色々と話してたんだけど、なんか気分悪くなるんだよね。
公立の学校はダメだとか、なんかいちいち言い方が癇に触るんだよね」
(ちなみにマネージャーも高校まで公立)

まあ、そういう発言を前々からしていたが、確かに気分はよくない。
そういう私も高校まで公立。
まあ、でも、色々な考え方があるから。とちょっと大人になった私。

で、この前、ジャーナリスト故山本美香さんの話になった時に
「安定した生活(確かケーブルかなんかのテレビ局にいたのかな?)を捨てて、なんであんなことを…」
みたいなことをいう。

あんたの人生よりもよっぽど素敵で充実した人生だったでしょ!!と言ってやりかったが、
大人になった私。「まあ、色々な考え方があるんじゃないんですか?」

この人、なんで癇に触るのだろうか?と考えた。
なんか世俗にまみれている!!
それはそれで正論なんだろうけど、正論が故に、癇に触るのだろうか?

故景山民夫氏はこんなことを言っていた。
金持ちが世の中は金だ!!と思うのはいい。でも、金持ちじゃない人間がそう思ったら
救いがないでしょう。

その通りだと思う。

A子さん(女性社員)、せめて人の人生を否定的に捉えて、それを自信満々に話すのはやめよう。













スポンサーサイト

バブル

たまーにテレビで芸能人がバブルのころの良さを語っているのを見る。
こういう話を得意げにする時の人って品がないと感じてしまうのは私の偏見なのだろうか?
そして、こういう話をする得意げにする人って大体、落ち目になっている人と思うのは穿った見方なのだろうか?

そんな中でも岡本夏生はなんか好感が持てる。



言われつくされていることだが

何はともあれ、まずは健康ならば、オッケーなのではないのだろうか?

特になにがあったわけでもないが、最近、ますますそう思う。

この前、午前中、診療時間9時の整骨院に8時50分くらいに行った。
既に20人くらいいた。
8割はお年寄りだ。
あきらめて帰った。

別の日に皮膚科にいった。
診療時間9時だが9時10分くらいに行った。
既に40人くらいいた。
8割はお年寄りだ。
あきらめて帰った。

深刻だなあ、色々と。意味深…


ジャーナリスト山本美香さん

シリアで取材をしていた山本美香さんがお亡くなりになられた。
誠に残念だ。

シリアには旅行会社時代、4回ほど添乗でいった。
現地で仲良くなったガイドが一人いるのだが、彼は生きているのだろうか?
当時はメールも一般的ではなく、彼と連絡をとるすべもないが、元気でいることを祈る。

山本美香さんのご冥福をお祈り致します。


耐性

私の知り合いで、超激ヤバなところで働いていた人がいる。

同僚がガラスの灰皿で頭を殴られ血を流す。
退社する時に弁護士を使った。

世の中にはこんなところで働いている人もいる。
「だから、お前も我慢しろ」って言えるのだろうか?
少なくとも私は言えない...

ガラスの灰皿どころか、手がでてきた地点でアウト!!だ。

この人、こんなところで働いていたので、何があっても驚かないそうだ。

それっていいことなのだろうか?

見切り

中高年に限らず、ヤバい会社にうっかり入ってしまうことがある。
私もかつていくつか入社したことがあるが、さっさと辞めさせてもらった。
一社、本当にヤバいなと思ったのは、マスコミなんかにも出ている社長の会社。
色々と調べてみると、入社前にヤバいことはわかっていたが、マスコミに顔を出す社長。
興味があった。最終面接で顔合わせをしたが、特にオーラがあるわけでもないし、
終始、下を向いて話をする。且つ、人の話をしっかりきかない。

あまり詳しく書くと、どこの会社か分かってしまう。
別にこの会社を糾弾するつもりもないのでほどほどに濁して書く。

日本で働く以上、まあ、ある程度の残業なんかはやむを得ないと思って入るわけで、
我々、中高年がやばいと思う会社って本当にヤバい場合が多いと思う。
まして、このご時世、大抵のことには目をつぶる覚悟で入社する。

ヤバかった内容は色々ある。
社員の入れ替わりが激しい、労働時間は夜中まで、このくらいは目をつぶるが
プラスアルファで恐ろしいことがある。

私は一週間でおいとましたが、周りを巻き込んでうまく円満に辞めることができた。
円満に辞めれない場合がほとんどのようだ。

今でもこの経営者の方、たまーにだがテレビにでている。会社の内情とこの人の実態を知っている私からすると
とんでもない人にしか見えない。
がしかしながら、起業して会社を存続させているわけだから、大したものだ。
が、危ない橋を渡っていたことは否めない。

さっさと見切って、次を探す。
ありだと思う。










後味の悪い映画

観た映画の感想?を書いてます。
ネタばらしはしてませんが、タイトルが観ようと思っている映画の場合はこの先に
進まないでください。
「タイム」「リミット」

パチンコで惨敗したあと、このままではいかんと、サーフトリップとDVDを2本借りてみた。
「タイム」「リミット」という映画だ。
本来なら映画館に行ってみたいところだが、パチンコで負けたので節約したかった(せこい...)
のと今は、あまりみたい映画がない。

「タイム」はアイディアも面白いし、今ある格差社会をうまく反映している映画だと思う。
でも、こういう映画って一歩間違うと、ほんとしょうもない映画になるのだろうが、
ハリウッドが作るとそれなりになってしまうのが不思議だ。

問題は「リミット」

その終わりってあり?

サーフトリップ

サーフトリップに行ってきた!!なーんて書くと格好いいが、単純に泊まりがけでサーフィンに行ってきた。
この2年で私の身の回りでさまざまなことが起こったが、サーフィンに行くまでの道、
行きつけのサーフショップ、行きつけのポイントでみる馴染みの顔。
あまり代り映えのしない光景だ。

今回は車に寝ないで、安宿に泊まった。
車で寝て、たそがれるのも嫌いではないが、車で寝るとやはり体が痛い!!

やはり、自然に触れるのは気持ちがいい。

自分の中にある野生が覚醒される。

私の放浪はまだまだ、続く...

明日から実家に帰る。
2、3日のことだが、私の両親明日、何があっても不思議な年ではない。
やれるうちに、やれることをやっておこう。


ハマコー

ハマコーこと浜田幸一氏が亡くなられた。
この方がいい政治家だったのかどうかは私にはわからないしそういうことを論じる場でもない。
でも、インパクトのある政治家であったことは間違いない。
別の言葉で言えばスタイルを持っていた。

よくいわれることだが政治家に限らず、インパクトのある人が少なくなってきた気がする。
会社なんかも色々なルールを作り、異分子が入る隙がない。
田原総一郎氏が言っていたが、昔はテレビ東京はバイトから社員になれたが(この人もそういう人)
今ではそれもできない。と言っていた。(真相は不明)

何はともあれ、浜田幸一氏のご冥福をお祈りいたします。
お疲れ様でした。



先のこと

今の会社に正社員で入っていたならば...
今の私には心地よくても、やっぱり問題だらけの会社だ(笑)

正社員になるということは将来、定年までとは言わないまでもそれなりの期間、働くという前提が
あるかと思う。
そうなると穴だらけの会社だ。

でも、今が楽しいならば、分からない将来の心配をする必要はないのではないか?と思う。

この考えを持って、どこかの会社で踏みとどまっていたならば?と
考えないでもない。
が、人生は必要な時に必要なことがやってくる。

だからこれはこれでいいのだろう。


パチンコ

パチンコとは不思議だ。
勝ってる時は自分がこの世で一番ついている人間だと思う。
負けた時はこの世で一番ダメな人間だと思う。

つい最近まで私はこの世で一番ついている人間であり、昨日、今日と私はこの世で
一番ダメな人間になった。

これはこれでよかったと思う。
なぜなら勝ち続けたら私はパチンコに行きつづけるだろう。

明日からサーフィンに行く!!

先入観

人はついつい先入観を持ちがちだ。
かくいう私も持っていたし、未だに持っている。

そもそも転職回数の多い、40過ぎたおっさんを採用する会社があるのか?
という思いのもと転職活動をしていた。

でも、転職活動をする以上はこんなことを考える必要はないのではないか?
いや、もった時点でうまくいくものもいかない気がする。

40過ぎたおっさんを、派遣で事務職を雇う会社なんてない!!
一般的に若い女性でしょう。と私は思っていた。

でも、今、ここに派遣で事務職で働くおっさんがいる。
しかも職場にがっつり溶け込んでしまっている。

私自身もこれからどうやっていくか?先入観を持たずにやっていきたい!!

世の中、何が起こるか分からない!!




お盆

世間ではお盆で会社が休みのところも多いことだろう。

求職をしている人には結構、つらい期間だったりする。
求人情報が更新されなかったり、応募している会社が休みで返事がこないことも多い。

でも、世の中が動いていないんだから、ここは開き直って休むしかない。
というかこんな時だから休むべきだと思う。

昔、人が遊んでいる時こそ勉強しろ。みたいなことをいう人がいた。
確かに一理あるが...



休暇

今、働いている会社は外資系なので、特にお盆休みというのがないのだが、
ずっと、夏に休みをとろうと思っていた。

サーフィン三昧といきたいところだが、美術館、映画、パチンコ等、もろもろ、
他にもやりたいことがある。

来週、まるまる休みリフレッシュする。

といっても、残念ながら有給ではないので、働かなければお金にはならない。
派遣社員にも有給休暇というのはあるが、私の派遣元はごく一般的なスタイルで
半年経たないと、有給は発生しない。

5日分の給料が入らないのは痛いので迷っていたが、先々週からパチンコの調子がよかったので
休暇をとることにした。

サーフィン中心でいきたいが、なんとなくパチンコ中心になりそうで怖い...



最後の就職

今まで散々、転職を繰り返してきた。
入社するたびにこれが最後と意気込んでいた。
これは勿論、本音であったが、反面、嘘である。
20代、30代で最後ということは、まだ30年近くその会社に
いることになる。
しかも私の在籍した会社は転勤も部署変えもない中小企業がほとんど。
1年もいれば、毎日、かわりばえのしない顔、仕事にあきてくる。
そして先を考えるとぞっとする。そんな感じだ。
考え方によっては、かわりばえのしない顔、仕事というのは楽である。
でも...
また、公務員や大手の会社ならいざ知らず、中小企業に終身雇用を期待するのは難しい。

40代になり、さすがに私ももう、これが最後と思って探したこともあった。
でも、ふと頭によぎる。まだ、20年以上もある。

考え方やライフスタイルにもよるが私はこれで最後とか、これが最後のチャンスとか
いう考え方は、あんまり好きではない。

Life goes on !!



プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。