スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斉藤祐樹

おなじみハンカチ王子。
オープン戦では結果が出ず、それでも開幕投手。
栗山も監督就任早々、話題作りしかやることがないのか?と思っていたが…

しっかり勝ちましたねえ。
やっぱり、「持ってる」んですね。

脱帽!!
スポンサーサイト

あまりにも首と肩が痛いので近所に針をうちにいった。
ずいぶん、楽になった。

夜、8時にちょっと横になろうと布団で横になり、そのまま寝てしまった。
起きたのは7時。よっぽど疲れていたのだろう。

久々にすっきりした。

残りわずか

早いもので今日をいれて残り4日で就労だ。
ダラダラとすごしているが、今日はサーフィンにいってきた。
陽気もよくなってきた。
今、すべてを忘れて、熱中できるのはこれしかない。

しかし、問題が起きた。
知り合いと待ち合わせていったのだが、寝過ごして、彼からの電話で起きた。

月曜日から就労だというのに、こんなことで大丈夫なのだろうか?
今日から早く寝ないと...
夜になるとハイテンションになる自分を変えることができないのか?


視点

私の中で、次の職場でどうしてもひっかかることがあった。
うちからのアクセスが悪いのだ。乗り換えが多い。
ヤフーの路線情報で何回みようが、それは変わらない。

多少、歩く距離が増えてでも、他に方法がないのか?と
グーグルマップを見ていると、その近辺には地下鉄の駅がいくつかある。
そのうちの一つのB駅だと乗り換えが1回ですむ。

B駅からその会社までは徒歩10分。
その会社のホームページにでている最寄り駅から会社までが9分。

視点を変えれば、解決する問題もあるものだ。



大人!!

私が師匠と慕う人がいる。サーフィンを通じて知り合った人だ。
この人は私の1歳上だが貫禄があり、そんな風には見えない。
かと言って老けているわけではない。
人生経験も豊富なので、話も面白い。
大人だ!!

私がサーフィン中に流され、そして人生も流されていると伝え聞き、
連絡をくれ一献傾けることになった。
随分前に約束したので、昨晩会った時にはすでに、私はすっきりした気分になっていた。
それでもこういう人と話をし、店に連れていってもらうのは楽しい。
こういう人は常連の店をいくつか持ち、その店もいちいちダンディズムを感じさせる。
決して高くはない。

太陽の光を浴び、健康的にサーフィンをするのもいいが、夜の太陽、「ネオン」の光を浴びるもの
健康増進には悪くない。





契約

本日、派遣社員の契約にいってきた。
更新は1カ月毎、時給、交通費はなし(これが結構痛い!!)
社保、雇用保険あり。

何事もなければ1年間はこの派遣先で働ける。

雇用形態として決して望ましいものではないが、私のような人間には結構、あってるのかな?
と思う。
残り20年をここで過ごすのか?というなんだか自分の人生が全て決まってしまったような
感覚を持たなくてすむ。いつもは先を考えすぎていたのか?

決して未来の明るい選択ではないが、何故だか気分的にはすっきりし、一つ突き抜けた感があり、
なんとも言えないポジティブなグルーブ感がある。

来週からいよいよスタート。始まってみなければ分からないが、起こっていない先のことをわずらうより
今の貴重な時間を無駄にするのはやめよう。


御礼と数の不思議

就職活動を中心に思ったこと、起こったことを思いつくままに書いてきましたが
毎日、100人(延べ人数)近くの方々に見て頂き、誠に感謝しております。
ありがとうございます。

それにしても数って不思議ですねえ。
毎日、100人(延べ人数)近くきて頂いているわけですが、この数が80になることはあっても
20になることはないんですね。
で、150になることもない。

お礼だけ書くのもなんだか恥ずかしいので、たわいもない話をまぜてみました。

フジマチャド




回転ずし

本日、友人5人と連れだってチェーン点の回転ずしにいった。
うまいですねえ。広々としているし、きれいだし。そして安い!!
何故か都内ではあまりみかけないけど、なんか理由があるのだろうか?

私が十代のころからだろうか?
大型ショッピングセンターが出来て、多くの商店街がシャッター商店街になってしまった。

回転ずしもそうだがこういうスケールメリットを活かしたチェーン店で、安く仕入れ、安く売られたら、
個人経営の店なんてますます、衰退していくしかないですね。

こういう中でなんとかやってる個人商店、マジで尊敬します。









へそ曲がり

やはり私はへそ曲がりなのだろうか?
オセロ中島の報道にずっと違和感を感じていた。
あまりにも一方的過ぎるのではないか?
少なくとも彼女はカルト教団に所属していたわけではない。

マインドコントロールはあったのかも知れないし、なかったのかもしれない。
真実は分からないがあまりにも報道?が一方的過ぎるのではないだろうか?

占い師側も反撃にでたようだが、騒ぐのはいつも周辺のようだ。

この件に関してあるタレントがコメントを出していた。
「中島は松島を嫌っていた。」
人間関係を複雑にするのはいつも第三者だ。この人のこの発言で幸せになる人はいない。

話はちょっとそれるが最近海外ドラマ
「ロ― アンド オーダー」にはまっている。
法廷ものだ。
物事には必ず2面性がある。
「肯定、否定」そして結論がでる。

あんまり一方的すぎてもね。とついついへそ曲がりな私は思ってしまう。










充電

次の仕事は4月の頭から。
一週間ほどあるが、ゆっくりしようと思う。
いつもなら何かをしようと思うのだが、色々と疲れた。
ちょっとした雑事をこなさなければならないが、あとはゆっくりしたい。

次の職場は外国人の方が比較的多い職場なので、のんびりCNNでもみながら
英語のブラッシュアップを試みたい。

最近、目の疲れが激しい。
目はあまりよくないが、日常生活はメガネがなくても不自由しないのでメガネをかけないようにしている。
最近、肩から首への凝りが凄い。

温泉でもいこうかなあ...



そして、去った!

昨日は勤務最終日。相変わらず、社長は社内で吠えている。
遠い昔の懐かしいことがフラッシュバックしている感じだった。

こんな風景も最終日となり感慨深くなってる今となっては、「ありかな?」と思うが
やっぱり無理だ!!

就業時間終了とともに社長のところに挨拶にいき、皆に挨拶まわりをした。
こういう時の社長は実にジェントルマンだ。
「頑張ってください。」と握手を求めてきた。

その後、一緒に入社した同僚と外で少し話をし、今度一緒にサーフィンにいく約束をした。
彼とは長い付き合いができそうだ。

それぞれの道をそれぞれがベストを尽くしていくしかない。


またまた、ひとり去る2

すぐに次をアップしようと思い、前回は言葉少なに中途半端なところで終わらせていたが
諸々のタスクもあり、アップが遅れてしまった。

いまさら、くどくどと書くつもりもないが、中高年再就職の失敗の例だ。
失敗したらまた、やり直す。何度でも。

私の入った会社がいい会社だったのか、悪い会社だったのかは分からない。
が、私がここで働きたくないと思ったのは事実だ。

ちなみに次は決まっている。

外資系で派遣社員をする。
期間はとりあえず1年から1年半と決まっている。

ちなみに外資系派遣は2社受けた。
派遣の面接の印象としては、向こうの求めているスキルを持っているかにより焦点が
置かれている気がした。
個々の転職の理由については聞かれたが、意地の悪い追求はなかった。
もう、ホントにこれがいやですねえ。どんなに理論武装しようが一言でいえば
嫌でやめてるわけですから。

ちなみに最初に受けた会社は吸収合併されたばかりの会社で内部がゴタゴタしていると
いう話は人材紹介会社のほうから聞いていた。部門間の連携もお粗末であった。
勤続10数年の正社員が退社するために、その欠員補充とのことであった。
何故、勤続10数年の人が辞めるんだ?
また、面接中、内部の人間関係の悪さを匂わす発言もあった。
冷静に考えれば絶対に行ってはいけないのだが、当時の私は勤めている会社を辞めたい一心で
この会社を正当化しようとしたが、結局、また、同じことになるので、ご辞退した。
ゴタゴタはご遠慮願いたい。
少しは進歩したのだろうか?

今回、お世話になる会社はその後に紹介してもらった。お互いの相性も良かったと思う。
なにより、楽しそうだった。
眉間にしわを寄せて働くのはご遠慮したい。
まあ、そうは言っても会社なんて入ってみなければ分からないが...

今までで受けた面接で一番よかったのではないか?
この会社での面接風景はまた、書きたいと思う。
一体、何回面接にいっているのだろうか?

当面はサーフィンとパン造り(趣味)が出来る環境ができたと思いたい。
他にも諸々と片づけたいこタスクもある。
あんまり先のことを考えるのは当面休止。


放浪はまだまだ、続く。




















またまた、ひとり去る1

今週でまた一人去る。

それは私だ。

続く...

また、一人去る!!

先週、一人去ることになった。
彼はこの会社に半年いた。35歳。
私が入社したころ、なんだか私と話をしたがってるようなので、昼食に誘い、それ以来、
週に2,3度は一緒にいっている。

彼は続けるか?辞めるか?悩んでいた。
人生に正解なし、いや、選んだ道がみな正解!!の結論に達している私は
続けろとも辞めろともいうことはできない。
ただ、ひたすら彼の話を聞くしかない。

彼も転職が多く、転職負のスパイラルにはまっている。
が、どっかの会社で踏ん張る必要があると思う。
それがこの会社なのか?どうかは分からないが...
さもないと、君の6、7年後の姿は目の前にある。
と言っておいた。

あと、もうひとつ言っておいたのは、辞めるなら次を決めてから。
彼の転職のパターンも私と同じ。辞めてから次を探す。
そして内定をもらうと食らいつく。

が、結局、彼は次を決めずに辞めてしまった。

それも正解!!彼の前途に幸あれ!!


今年、一番の課題

私はどうしても今年中にやりたいことがある。
それは、サーフィンである技をマスターすることだ。
この技をマスターしたからと言って、どうなるわけでもない。
私の生活に何の変化ももたらさないだろう。究極の自己満足だ。

でも、そんなことに没頭している自分もいいのではないか?と単純に思う。


おにぎり

もう一年前くらいになるのだろうか?
ハローワーク主催の合同面接会なるものに行ってきた。
何社かがある場所に集まり、そこで面接をするのだ。
結構、耳をそばだてると面接の内容が聞こえてきたり、面接している様子が丸見えなので
私はあまり好きではなかった。

休憩場所みたいのがあるのだが、そこで手造りのおにぎりを食べる、私と同じとしころの
男性がいた。
多分、奥さんが作ったのだろう。
顔は覚えていないがおにぎり食べる口から下はなんとなく印象に残っている。

今日、昼ごはんを軽くすまそうと、コンビニでおにぎりを買った時に
ふと思い出した。


さようなら

叔母が亡くなった。うちの父方も母方も長命なのだが、ここのところ皆、それなりの
年齢になってきている。
過日の叔父に続き、立て続けに不幸がやってくる。

叔父にしろ叔母にしろ、もう長いこと会っていなかった。
人間は生きていればいつか会えるが亡くなってしまってはそれは叶わない。

再現ではなくやはり、さようならなのだろう。

40代... 失うもののほうが確実に多くなっていく時なのだろう。


エドワード ライア アイカウ

通称、エディ。
ライフガードにしてサーファーだ。

航海カヌー「ホクレア」に乗り込みタヒチまでの航海に参加するが、船はモロカイ海峡で遭難。サーフボードに乗って救援を要請しに荒れ狂う海に漕ぎ出し、消息を絶つ。彼の英雄的な行動と悲劇的な最後はハワイ社会において伝説となり、死後、先住ハワイ人の英雄となる。

33歳にして亡くなっている。
いい人は早く亡くなる。の例にもれない。

彼の生き方を称えたフレーズは「Eddie would go(エディなら行くぜ)」

「フジマチャドなら行くぜ」と言われてみたいものだ。

お見舞い

本日、ガンを患っている知人のお見舞いにいってきた。
色々な情報が飛び交う中、かなり悪いという感じを抱いていたので
行くのをやめようかと思うこともあったが、それでいいのか?と自問自答する日々が続いた。

結局、友人Aと二人でいってきた。
正直、途中でひき返そうかとも思ったが、友人に促され部屋に入った。
私が思っていたよりも、状態はいいようだ。
ただ、もう自力で歩くのは困難なようで車椅子に乗っていた。
他愛もない話をし、短時間で話をすませ退室した。
正直、もうちょっと話したかったが、相手の体の負担を考えなければならない。
来ようか、くるまいか迷ったが来てよかった。また、機会をみつけて行こうと思う。

健康第一!!使い古された言葉だが、実感する。
今の私の悩みなど小さなことだ。やりたいようにやればいいだけの話。

そういえば、面白いことが起こった。
今日、お見舞いに行く前に、近所を散歩していたら、私が勤めていた旅行会社の先輩Bにあった。
(ガンを患っている知人も同じ会社にいた。)
なんという偶然だろうか...
この人は某国に住んでいて、今回、出張で日本に帰ってきていたようだ。
この人も先輩がガンを患っていることを知っていて、お見舞いに行くらしい。
また、この人、私の友人A(彼も同じ旅行会社にいた)とは色々と因縁のある人で、
今日、Aと一緒にお見舞いにいくんですよ。って話をしたら、とても懐かしがっていた。

AにもB先輩に会ったよっていったらビックリしていた。

ガンを患っている知人は会社でもとても人望のあった人で、この方を中心にまた何か不思議な縁が
結びついているような気がする。

















山師

そもそも、就職しようと思ったのは別居、離婚問題の話しがあり、毎月、継続的に入ってくるお金が
必要であった。というのが一番だった。

私は雇用形態にこだわりがない。
今の会社にひかれた理由は大化けする可能性を感じると共に、その時に私も一緒にのって
いればいいこともあるだろう。という思いもあった。

私が中小企業に就労してきた一つの理由はこの大化けアンド乗っかりたいという野心があった。
実際に2社は比較的、いい思いをさせてもらった。
勿論、中小企業に焦点を絞ってきた理由として、私の経歴では大手には相手にされない。という
考えもあった。

今はカフェベーカリーをやりたいという具体的な目標があり、それこそ私の野心であり、夢だ。
今までのように具体的な目標もなく野心だけあるなら、乗っかるのも悪くないと思うが。

毎月、無理なく継続的に収入を得ることだけを考えればよかったのだが、
ついつい人のふんどしで相撲をとってしまおうとする自分と山っ気がでてしまう自分が悲しい。







なぜ、こうなるのだろうか?

以前にも書いた試用期間終了とともにクビを言い渡された女性が去っていった。
クビ宣告後も一生懸命やる姿をみて、社長が心変わりしてくれることを祈ったが、
叶わなかった。

ハローワークなどにも通って、必死に職探しをしたようだが、まだ、仕事は見つかっていないようだ。

このルールも制度(就業規則とかそういうことではなく)もない社長の意思をくみ取り、それにそって仕事をするという厳しい条件の中、良くやっていたと思うのは私の偏見なのだろうか?

中小企業を転々とした私はよくこういう光景をみてきた。
私自身も一度、バーンノティス(解雇通知)を受け、会社を去っていった。

去るほうも残る方もいい気持ちはしない。





時間が止まる

もうすぐくるんですねー、私の時間が止まった瞬間が。

あれから一年、色々なことがありました。
この一年というのは私の人生の一年で一番、色々なことをしたのではないか?と思います。
が、私の中で時間がとまってしまっているんですねえ。
私の中で一緒に動くと思っていたものが動かなくなった。するとすべてが止まった感覚に
なってしまうんですねえ。

こんな不思議な感覚ははじめてです。

その昔、矢沢永吉は時間よ―止まれ―と歌っていましたが...

グローブ

大学の時に野球部に所属していた。
入部した時にグローブとスパイクを持たずに入部した。
この書くと不思議に思う人もいっぱいいるかと思いますが経緯は省きます。

で、グローブとスパイクは貸してもらっていた。
誰のものでどういう経緯で私の手元にきていたのかは知らなかったが、野球部だからその辺に
余っているものを貸していてくれているのだろうと思っていた。

さっさと、買って返せばよかったのだが、学生時代は他にお金を使いたいこともあるし、
使い心地もよかったのでずるずると借りていた。
それがいけなかった。

あるとき、そのグローブを失くしてしまった。
で、大騒動になってしまう。
そのグローブは先輩の友人の思い出のグローブだったのだ。
参った。勿論、謝罪はしたがあまりのことの大きさと若さゆえか、真正面から謝ることができなかった。
時は流れ20年以上経つ。

野球部の同期はバラバラになり、個々にあったりしているが、皆で集まることもない。
増して、先輩との関わり等、誰も持っていない。(名門ではないので...)

このグローブ騒動はその先輩にきちんと謝罪できていないということで私の中で常にひっかかっていた。

が、運命のいたずら。謝罪する機会に恵まれた。
しっかりと謝罪することができた。

大切なグローブをなくしてしまったと言う事実は変わらないが、しっかりと謝罪できてよかった。














転機?

まあ、そんなこんなで軽い抵抗を試みると、社長もしばらくおとなしくなった。
と言っても何時間の話だが...

相変わらずではあるが、たまに軽く言い返すことをしている。

そんな折、また、外資系専門の人材会社から電話があった。
この男とは去年の11月くらいからの付き合いだ。
いくつか応募したが面接にすら行かない。
よっぽど候補者にこと欠いているのか良く連絡をくれる。

いつものようにこう言うポジションがあるんですけどいかがですか?から始まる。
やってみてもいいな。と思ったので、じゃあ、応募しといてよ。と言っておいた。
もう、ほとんど友達のようなノリだ。
彼は仕事でやっているから当たり前と言えば当たり前なのだが、中々、粘りのある男だ。

で、面接に行くことになった。

現在は既に面接も終わり、結果待ち。どうなることやら...








いい話!!

下の記事いいですねえ。

http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new

とりあえず、言い返してみた!!

入社して2週間経過したことであろうか?
いちいち、くだらないことでブチ切れる社長に我慢の限界がきた。
こちらが何か仕事上のミスをしたならしょうがないが、あまりにもくだらないことで
ブチ切れる。
周りからは言い返すと十倍になってかえってくる。と言われていたし、
勢いに乗じて「クビだ!!」と言われるのもそれはそれで困る。
かといって冷静に話せる相手でもない。

このままの状況ではいずれにしろ長期的に働くことは無理だし、クビになったらそれは
それでしょうがないと思った。
ということである時、くだらないことでまた、ブチ切れてきたので言い返した。勿論、冷静に。
相手は凄い形相で言い返してくる。こちらもエキサイトしてきた。
かれこれ30分くらいやりあったのだろうか?
原因があまりにも下らなかったこと、また、お互いに疲れてきたのでなんとなく終わった感じだ。

怒鳴り続けられるのも、言い返すのも、いい気持ちがするものではない。

普通に働きたいだけなのだが...



プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。