スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ

明日は初出勤。
いつもなら、前日は何も予定を入れずに、スーパー銭湯などに行って
疲れを取り、準備万端で明日に備えるのだが、あまりうまくいった試しがないので
今回は普通に朝早くにサーフィンに行き過ごした。

あまり気張らずに、期待もせず(悪い意味ではなく)、会社で起こることを
受け止めやっていこうと思う。

スポンサーサイト

疲れた顔

私が失職した直後にパン屋をやろうとしていた時に知り合った人がいる。
この人は飲食店に勤めていたのだが、独立するということで店を辞め、自営の道を
模索していた。
一年後、彼は店を持った。
オープン直後、何回か足を運んだ。

先日も久しぶりに知り合いとその店に行った。
フジマチャドさんはどうされているんですか?と聞かれたので
サラリーマンに戻ります。というと、給料もらえるっていいですよ!としみじみ言っていた。
経営は今のところ、家賃、従業員の給料がでて、自分の分も僅かながらでているとのこと。
オープン半年で凄いと思う。

店を出て、私は気になっていたことがあった。
知り合いに「あの人、顔が思いっきり疲れていない?」
知り合いも激しく同意していた。
彼はなかなかの2枚目なのだが、疲れオーラが全開であった。

飲食店経営...
甘くないようだ!!!




平凡な日常

私の好きなサーファーにフジマチャドいやロブマチャドというサーファーがいる。
プロサーファーと言えばエキサイティングな仕事に思えるが
彼の言葉を借りると「サーカスの一団のようなもの。毎年、同じ場所でサーフィンし、似たような顔ぶれで
世界をまわる!!」
突き詰めていけば、どんな仕事もそんなものだろう。

今回、私はサラリーマンとしてもう一度トライする。
同じ時間、同じ場所で、似たような顔ぶれで、同じようなことを毎日することになる。
今までは出世とか、給料を上げるとか、興味はなかったが、今回はそういうことも視野にいれて
やってみるのもいいのかな?と思う。

そんな日常の中で、パン教室に通い、パン屋起業計画を練りながら、週末にはサーフィンをする。

そんな日常も悪くないかな?と思う。



タイミング!!

今、バイトしている知り合いのところは去年の3月ころにもバイトをしていた。
当時はバイトも安定していなかったが、8月ころからメンバーも安定していたのは
知っていた。
そんなこともあり、自分がちょっと時間ができたからといって、どうしたものか?と考えていた。
ちょうどそんなことを考えているときに、彼らからやけに遅い年賀状が届いた。
これは連絡をしてみろってことか?と連絡をしてみた。

簡単に書くと、私も知っている仲のいいバイトの女性が不妊治療をしたいので、彼女の代わりに
入ってほしいとのこと。
不妊治療のことは詳しく知らないが、私がはいることにより、不妊治療ができるのなら
お安い御用だ。ということで、今回の短期バイトは決まった。

私がこのタイミングで就職し、バイトし、彼女が不妊治療を始める。

きっと、妊娠するに違いない!!

Iさんに幸あれ!!

去年はやることなすこと、負のスパイラルを巻き起こしが、今年はやることなすこと
正のスパイラルを巻き起こす!!

増して、生命誕生に僅かでも関われるなら、こんな素晴らしいことはない!!



食べログ

今、知り合いのレストランでバイトをしている。
知り合いとスケジュールのやり取りをメールでしているのだが
その中で、食べログに接客が良かったって書いてあったよ。ありがとう。
みたいな感じのメールをもらった。

接客が良かったのは他ならぬ私(笑)ともう一人の女性だ。
このお客さん、やけに写真撮ってるなあと思ったらこういうことだったのか。

知り合いに感謝され、お客さんに感謝される。
食べログ読んだ人が来て、美味しい料理と素晴らしい接客を受けて(笑)幸せ。
で、店は繁盛!!(今でも繁盛しているが...)

負のスパイラル脱出で正のスパイラルまっしぐらか?

人生を信じてネバーネバーネバーギブアップだ。

再びバイト

3週間近ふらふらしたい気持ちは山々だが、大きな問題がある。
仕事をしていないと、収入はないのはさることながら、余計な支出をしてしまうのだ。

ということで、なんか単発のバイトでもしようと思ったが、そうあるものでもない。
そこで知り合いのレストランに尋ねると、週2、3回きてほしいとのこと。
ちょうどいい感じだ。ということで早速、始めている。

働かない日は人と会ったり、雑用したりと忙しくしている。

2、3日は何も考えずにゆっくりしたいところだ。




再現!!

パン屋は次の就職にそなえ辞めた。次に働きはじめるまでに3週間近くの休養がある。
体を休め次の職に備えたいというのが本音だ。

私もいくつもの会社を転々としてきたが、最後の出勤日というのは感慨深いものがある。
ほとんどの人たちが二度と会うことはないだろう。
そう、思うとやりきれない思いもある。
若いころよりも、年をとるごとに別れというのはつらくなる。
ものの本によると、40代になると先(死)がちらっと見えてくるので、
色々なことに対して感傷的になるらしい。

肉体的には厳しい職場であったが、皆、いい人たちで楽しく働かせてもらった。

「さよなら」ではなんとなくは寂しいので、「再現!!」ってことで。








パン屋は

やります!!
パン屋をやることはとても私にとって大切なことです。

今はそれだけです。

今後とも、暖かく見守って頂ければと思います。

面接結果

ありがたいことに内定を頂いた。
2月1日から勤務することになる。

去年は悪いことは続けて起こるという見本みたいな年だった。

今、一つづつ絡まった糸をほどいている作業をしている感じだ。
まだまだ、作業の途中である。

しつこいがパン屋をすることをあきらめたわけではない。
今まで3職場、パン屋を見たがどこも大資本のところであったため、
反面教師になり、いくつかアイディアもある。

ネバーネバーネバーギブアップ!!だ。






面接において

小さな会社なので、面接は社長だった。
簡単な英語のテスト及び小論文のテストがあった。
元々、字が汚い上に手がかじかんでうまく書けない。
まあ、しょうがない。

それから社長面接だ。
比較的、中小企業のオヤジの相手は得意なので、難なくこなす。
これで終わりと思いきや、あと2人に会ってほしいとのこと。

私と同じくらいの年ころの男性と、若い女性だ。
男性が中心となって私に質問をする。
女性は一言も口を利かない。
ありきたりの面接ではあったが、いい感触だった。
最後に男性が女性に何かあるか?と聞いてが女性はないとのこと。
で、終わりということで、帰ろうとすると社長がまだ、話がしたいとのこと。
いい傾向だ。

給料の話は男性と女性に話していたのだが、再度聞かれた。
応募要項にはいくらからいくらまでと書いてあった。
私は試用期間は最低限で結構です。試用期間終了後に再度、枠の中で話をさせてもらいたい。と
答えた。
社長は前向きに検討しましょうと言っていた。

家に帰り、是非とも御社で働かせて頂きたいとメールをしておいた。
















離婚問題

私のことを誰が知っているわけでもないので、書くとする。
ここ5、6年、連れ合いとはうまく言っていなかった。
残念ながら溝は広がる一方!!
(この度の失業問題は関係ない)
かなりの確率で別々の道を行くことになった。

パン屋起業は一時休止とする一因でもある。
休止と言ってもなにもしないわけではない。
今のところで働いていてもパン屋になることは難しいというのもある。
パン屋は3職場経験した。
でも、パン造りを厳しく指導されたのはパン教室だった。
ということで働きながらパン教室に通おうと思う。
今は中級くらいまでのコースを終えているので最上級のコースまでいくつもりだ。

そこから突破口を見出そうと思う。
まずは身近なところからファンを作っていくことだ。







面接

連休明けに面接に行くことになった。
パン屋ではなく、一般の会社だ。そして私が比較的長くやってきた職種でもある。

なぜ、このようなことになったのか?
なぜ、面接を受けに行く気になったのか?

この先、書くかもしれないし、書かないかもしれない。

ただ、今まで面接を受けに行くのが嫌で嫌でしょうがなかったが
今は楽しみだ。

転職理由、志望動機、なんでも来いだ!

今の俺を見ろ!!そんな感じだ。

中高年で見事失職し、迷走する私がこんなことをいうのはおこがましいが
私は本当に運のいい人間だと思う。

私の履歴書をここに載せれば、よくもまあ、それだけ好き勝手にやってきたもんだ。と思われるだろう。

が、40代になり失業という事態を迎えてしまった。
後付けと思われるかもしれないが、実は私はこういう生き方も40までが限界だろうとは
思っていた。
その前に独立をせねばと思っていたが、生来の怠け者ゆえこのような事態を迎えてしまった。

がこの失業期間中も実はとても充実している。
今まででの人生で一番辛いことにも直面したし、とても楽しいこともあった。
今はすべてを受け入れ、未来につなげようと考えている。

色々と振り返るに、何が恵まれてるかと言えば人に恵まれてきた。

今までは人々から愛情、勇気、励まし、叱責等を頂いてきたが、残りの人生は返していかなければならない。






ブレークタイム

派遣で働いているところに、キャバクラで働いている青年がいるということは
お伝えしたが、興味津津で色々と聞いてみた。

実は私はいったことがない。
キャバクラがはやったころ、私は海外にいたので、行く機会を逸した。

ああいうところの女性ってお客さんとつきあうの?と聞くとほとんどないとのことだ。
彼は中々の2枚目なので、付き合ったことある?と聞くと従業員同士で付き合うと罰金があるということ。
また、裏の顔を知っているので間違っても好きにならないとのことだ。

じゃあ、そういうところで働く女性ってどういう人と付き合うの?と聞くと
「そりゃあ、キャバクラとかいかない人と付き合いますよ。」と言って笑っていた。

いいオチなので投稿しておこう。

真剣

真剣に生きることは痛いことなのか?とふと思う。
何事もそこそこに。まあ、私もそんな一人だった。
そこそこにしていれば、失敗した時の傷は浅い。

そんなことを思っている時、私のお気に入りの歌が流れていいフレーズがあった。

ラジオを聞いているとDJが「恋愛なんて虚しいゲームそのもだ」と言う。
だけど思うのよ、この人分かってるの?
こんな気分になったことあるのかしら?

真剣に何かをして失敗した時に、分かったような顔をして上記のDJようなことを恋愛に限らず
言う人がいっぱいいる。
私は思う。この人分かってるの?

かくいう私もDJのような人間だった。

もと歌はポイズンというバンド。

下記はその歌をカバーしている動画です。日本語訳がついていたので、このカバーバージョンのリンクを貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=OZxyQywebV8

父親との和解

前に父親とここ半年断絶していると書いた。
が、ふと俺は何をしてるんだ?と思った。
正直にいえば、相当、頭にくることを言われた。
でも、人間、感情的になれば色々というものだし、意に反する行動もとる。
そんなことにいちいち、わだかまっていては器が小さすぎる。

ということで、実家に電話をした。
母親がでた。「お父さんいるか?」というと母親も動揺して「お父さんてどのお父さん?」と
訳の分からないことを言っている。
あけましておめでとうをいい、私はこれから迎える闘病生活を頑張れと伝え、
向こうも今はきついと思うが頑張れ。ということで終わった。

過去を受け入れ、すべてを許し、前進あるのみ。


最近読んだ本に

いいことが書いてあった。

人生でもっとも難しいことは過去を受け入れること。
すべての人が彼らなりのベストを尽くしたのだから。そして、それは全員にとって、ベストだったのだから。
過去を受け入れ、未来をみつめ、現在を真剣に生きる。

まだまだ、現在を真剣に生きていない。

変化

最近、私の中で変化が起きている。
このサブタイトルにもある、頑張らないであるが、最近、疑問に思う。

私の知る限り、うつ病患者の方に頑張れと言うのは良くないと聞く。

私の経験上、履歴書を送りまくり、書類選考で落ちまくっている人に頑張れというのも
どうかと思う。

そういう状態にないのであれば頑張ってもいいんじゃない?って思う。

頑張りぬけば、その先になにかあるさって心境だ。



やるな、こいつ!!

年末年始限定でパン屋の他に派遣でもバイトをしている。
前にも書いたがここには様々な年齢層、バックグランドの人がいる。
私は喋るのが大好きなので、色々な人と話す機会があるこの職場が好きだ。

先日、仲良くなった29歳の青年は実家が床屋で、父、母と家族3人でやっているのだが、
この不況と1000円床屋の進出で業績が悪く、そのためにここでバイトをしているらしい。
半分、遊ぶ金が欲しくてやっているようだが、いくらかは家にもいれているようだ。
大したものだ。
他の床屋で働けないの?と聞いたら、この世界は29歳は既に年寄りらしい。

もう一人、大学生の子とも仲良くなった。詳しいことは聞かなかったが、実家にお金をいれているようだ。
大学2年生と言っていたが、卒業できるのだろうか?と余計な心配をしてしまう。

それぞれの人がそれぞれの立場で頑張っている。

タイトルとは反するが、頑張ることは美しい。



あけましておめでとうございます!!

新年のご挨拶をさせて頂きます。

いつもありがとうございます。

良い年にしましょう!!
プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。