スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校時代の先生

最近、ひょんなことから高校時代の担任の先生と連絡が取れた。
彼女にとっては私ほど印象に残る生徒は少ないはずだ。

で、会おうという話になった。私は全く何をしていいか分からない状態だったので、今はちょっと待ってほしい。
一区切り付いたらお会いしましょうと言っておいた。
30年近く会っていなかったのに、愚痴や悩み相談はしたくなかった。

それが6月ころだろうか?
まだ、色々なことが吹っ切れていないころだ。

で、今日、連絡を取った。
一応、方向性は見えました。順調にいけば年内に会えそうです。と。
寝坊したり、ぎっくり腰になったり、センスがなかったりしてお払い箱になるかもしれない。
でも、先生に会うことを励みに頑張ってみるのもいいだろう。

先生と初めて会ったのは、彼女が大学を卒業してすぐの時だった。
大学を卒業して、初めての教え子の一人が私だ。ヘビーな話だ。
もう、30年近く前の話だ。

こうして無事に生きてこれたのも、色々な人に支えられてきたからだが
彼女の存在は非常に大きかった。


で、質問ですがこういう場合って、どうやってあうのでしょうか?

彼女はまだ、現役なので学校に会いに行く。居酒屋などで会食、ちょっとお洒落な店、喫茶店。
割り勘?おごってもらう?おごる?

うーん、分からない。










スポンサーサイト

パン屋のアルバイト

昨日の採用の連絡の時、給与振り込み用の銀行口座の詳細を知りたい、制服の引き渡し、その他、話があるので
本日、5時に店に来れないか?と言われた。

店に行き、軽い事務手続きをし、シフト表をみせられながら説明を受ける。

9月10日までのスケジュールがでていたが、それまで私は2勤1休。
良かった。久々の仕事の上に未経験の仕事。体もさることながら精神も疲れる。
2勤1休とはありがたい。

パン造りのある部分を一カ月で一人立ちしてほしいと言われた。

仕事なんて早く覚えて、人から指図されないにこしたことはない。
1ヶ月と言わず、2週間が目標だ。

まずは早寝早起きだ。本当にこれが出来ない。夜になると目がギンギンに冴える。
アドレナリンもガンガンだ。中学生のころからだ。

私の友人でこの1、2年で仕事を変え、人間関係を清算し、人生をリセットした男がいる。
彼曰く、「早寝早起きはいいですよ。夜、遅くまで起きてると色々考えるじゃないですか。考えなくてもいいことを。でも、夜、早く寝て、朝早く起きても朝は色々考えないんですよね。」

朝型人間になってみるか。
人生何か変わるかも?






始まり

夕方、携帯が鳴った。
例のパン屋からだった。

雇って頂くことになった。
軽く雑談などしている中で彼は言った。
「一か月、頑張ってください。最初の一か月大変かと思いますが、一カ月持てば続きますから。」

意味深な言葉だ。

体力的には相当きついらしいが、無職期間中に狂ったようにサーフィンをやり、体力も相当ついた。
サーフィンをちゃらいスポーツと思っているかも知れないが、ものすごく体力が必要だ。
一つ一つ心の赴くままに行動し全力で事にあたれば、すべて意味を持ってくるのだろう。

まあ、パン屋でバイトが決まったとはいえ、これがゴールではない。
ただの始まりに過ぎない。
これからどうなっていくのか分からないが、楽しみだ。

まずは早寝早起きを今日から実施し、きたる初日に向けて寝坊しないようにしよう。(笑)











決戦

本日、夕方以降に先日のパン屋の面接の結果がくる。

正直なところ店長とは相性が良かったと思うし、私の考えも理解してくれていたように
思う。
その他、もろもろ、共通点はいっぱいあった。

ただ、他の応募者との兼ね合いもあるだろうし、予断はできない。

来てない結果に対してとやかく考えてもしょうがないので、
今は心静かに時をすごそう。

自分を肯定する。

中高年で無職に陥ることは辛いことだ。(中高年でなくとも辛いが)
こういう状態に陥ると、今までの私の生き方、考え方を批判する人間が必ずでてくる。
一言でいうと「ほら、みたことか!!」といったところだろう。

しかし、そんなことで自分を変える必要もないし、いまさら、変われないでしょう(笑)

まずは過去の自分、今の自分を肯定しましょう。
そこから前向きに今の状況を打破していきましょう。

この年になると誰もほめてくれないし、まあ、会社にいれば部下や後輩が気のきいたこと
言ってくれるのかもしれないけど、部下や後輩のいない今となっては誰も気のきいたこと言ってくれないのだから
せめて自分で自分をほめてあげましょう。

今日も特にやることはないが朝7時に起きた。とか。これって凄いことですよ。





人生に無駄なし。

前に書いたが、私は一度、パン屋で働くチャンスを与えられた。
が、失態をおかし、一日でお払い箱となった。
が、一日でもパン屋で働けたことは今日の面接で非常に役に立った。
イメージできるのだ、自分がどうすればよいのか。
さすがに当時は凹んだが、今となってはいい経験をさせてもらえたと心から思える。
この例は直接的に役にたった分かりやすい例だが、人生において経験したことは前向きに生きている限り
必ず役に立つはずだ。

サラリーマンだった人なら必ずあるはずだ。
いつか時間ができたらやろうと思っていたことが。

無職だと経済的な制約等の縛りもあると思うが、何とかクリアしてやってもらいたいと思う。

もしくは興味もなく、今までやったことも、やろうとも思わなかったような比較的お金のかからないことを
探してやるのもいいかもしれない。

時間があるということは最高のぜいたくなのだから。

面接

先週の金曜日だっただろうか?
応募したパン屋から連絡があったが、バッテリーが切れていたようで、連絡が取れなかった。
本来なら気付いた時点ですぐに連絡だろうが、私は少し間をおいた。
で、本日、連絡をした。
電話の向こうの声は非常に明るい人だった。
話しているうちに、急だが本日、面接に来れないかと聞かれた。
勿論、私の答えはオッケーだ。

面接に行き、まず、最初に聞かれたのがなんで応募してきたのか?だった。
私は一瞬、躊躇した。最初から独立をにおわせていいのだろうか?
独立するってことは遅かれ早かれ辞めるってことだし、でも、まあ、バイトだしなあ。
一瞬の躊躇の間に色々なことを考えたが、正直に胸のうちを話した。
今更、こざかしいテクニックを使ったところで、納得できないことが起きても困るし、
駄目なら駄目で出直しだ。すべては心のままに。

相手の反応は非常にいいものだった。
バイトの面接なのに1時間近く話をした。
結果は火曜日の夕方以降とのことだった。
前向きに検討してくれるとのことだった。

他の候補者もいるかもしれないし、店長が気に入ってくれても、本社がNGを出す場合もある。

一つだけはっきりしていることは、やるだけのことはやったということだ。

陳腐な通り一片のことをいうよりも、自分の思いを相手にぶつける。

今の私はそれしかない。







媚びて入社

私は転職回数が多い。
その中で一社だけ、かなりお願いして(媚びて)入社した会社があった。
結果はうまくいかず、早々の退社となった。

この会社は地方都市のオーナー企業で、面接はオーナーの息子さんとした。
一回、落とされたが、この息子さんが私を気にいっていたのはなんとなく分かったし
メールアドレスは知っていたので、落ちた後も何回かメールを送り続け、
もう一回面接しようということになって入社を許された。

入ってみるとかなり訳ありの会社で、私が採用されなかったのもなんとなく分かった。

落とされた会社にトライし続け、内定を得るということは素晴らしいことだと思う。
だが、オーナーの息子さんとのメールのやり取りでなんとなく私が媚びていた気がする。
もう少し時間をかけ、冷静なメールをして、少しづつ距離を縮めて、きちんとした関係を作ったうえで
入社していれば少し違ったものになっていたのかもしれないと思う今日この頃。

焦ってもいいことはない。

電話

本日(厳密には昨日)、外出先で携帯のバッテリーがなくなった。
昨日応募したパン屋さんから電話があったらどうしようかなあと一瞬頭をよぎったが
もうそういうことに執着するのはやめた。
ちょっと前なら、あわててドコモショップを探して充電していたかもしれない。
が、今の私には不思議な心の余裕がある。

家に帰りバッテリーをつなぐと、昨日(一昨日)、応募したパン屋さんから連絡があったようだ。
電話をもらってからかなり時間がたっているし、あわててもしょうがないので
明日(今日)一日様子をみることにした。

明日というか今日は友人とサーフィンに行く。
まずはサーフィンをしてそれから、
対処すればいい。


私の好きなサーファーの言葉

最近買ったサーフィンの雑誌に私の好きなサーファーのインタビュー記事があった。
その言葉で印象に残ったのは
「人から教えられてきた良いことも悪いことも全部消し去って、最初からやり直す。
僕は人に教えられたことは全部間違っていると思う。自分の信じたようにやって、自分の気持ちに正直に
なるべきだから。気持ちとか、感情のほうが正しいはずなんだよ。エゴとかプライドはわきに置いといて、感じたままにいくべきなんだ。何にしても正しいと感じることが、最終的には正しいはずだ。」

41歳でバイトに応募なんて考えられないだろう。
少なくとも私がこのような状況に陥らず、今もサラリーマンをやっていたら、
「こいつ何考えてんだ?」と思っただろう。

私は自分の気持ちに正直にしたがって、生きていく。人がどう思おうが関係ない。
それが唯一、自分が納得できる生き方だから。そのためにはブレない真の強さが必要だが。

電話で応募

求人雑誌にパン屋の募集があった。
履歴書を郵送ではなく、まず、電話で応募のパターンだ。

私はこのパターンが嫌いだ。
なぜなら、必ず聞かれる。
「年齢は?」
思わず嘘をつきたくなる瞬間だ。
(エドはるみはその昔、吉本に履歴書を出すときに一回り年齢を偽ったそうだ。)

躊躇するより行動ということで電話した。

今日は店長がいないとのこと。
年齢、その他希望を聞かれ、店長から連絡さすとのこと。
とりあえず、待つしかない。

縮小

私が某東南アジアに駐在していたころ私のいた業界は不況知らずだった。
が3年もすればこの業界にも不況が訪れた。
私のお客さんの大手企業の人たちは任期が終わり、日本に帰るにあたり、受け入れ先がなく苦労していたようだった。そりゃあ、そうだろう。日本の工場は海外にドンドン、シフトし現場のリストラが行われていた。
現場が減れば、管理する人間も減るのだから。

経済の空洞化はアメリカで起こった。シフト先は日本だった。おかげで日本は好況だった。
が今度は日本から東南アジアに移った。そして中国、ベトナムだ。

工場は大量の雇用を生む。現場、管理。それがなくなれば雇用が縮小するのは当たり前だろう。
現在は円高が進み、ますます、経済の空洞化が進むとされている。
物造りがますます、海外にシフトしていくのは想像に難くないだろう。

雇用問題の悪化は避けられない。

でも、私たち中高年の失業問題がこれらの動きと直接的に連動するかと言えば、そうとばかりもいえないと思うが...






社保、健康保険

中高年失業者の中には、失業期間が長引き、つなぎとしてバイトでもって思っている人もいるだろう。
私もその一人だが、問題は社保だ。

母体のしっかりした企業でバイトできれば、法的労働時間をクリアすれば、入れてくれるが
そうでないところは入れてくれない場合もあるだろう。
違法行為だなどと目くじらをたてても零細企業では難しい面もある。

国民年金、国保。結構、高いというかかなり高い。増して無職の身には。
国民皆保険というがこれって金を払ってはじめて成立している。
私がある住んでいたある国は、無職で収入がなくても基本的な医療は受けれる。
しかも基礎年金もしっかりと受け取れる。
日本のように25年間以上払った者だけなどという訳の分からない縛りはない。
(24年11カ月払った人はどうなる?)

会社に入って厚生年金に入れれば、基礎年金部分もカバーされ、健康保険ももらえる。
そりゃあ、正社員でサラリーマンになりたがるわなあ、皆。と思う。

自営で国民年金を払っていない人も結構、いたかと思う。
大手スーパーマーケットが席巻する前に、個人商店などがそれなりに成立していた時は良いが、
私が子供のころから存続している商店はあまりない。
あの人たちは年金ももらえず、店も手放し、今は何をしているのだろうか?





ストレス

私は東南アジアの某国に海外赴任していたことがある。
バブルは崩壊していたが私のいた業界は不況知らずだった。
飛ぶ鳥を落とす勢いとはあのことだろう。
私は中小企業に勤めていたが、給料は恐ろしく良かった。
海外進出に不慣れな中小企業は時として間違いを犯す。
20代のこの時が収入面では一番良かった。

当時の金遣いは荒く、カジノで大金をすり、夜の街にお金を落とした。

たまにあの時、お金をためていたらと思うこともあるが、あの時はあの時でものすごいストレスを
抱えていたので、お金を使って紛らわしていたのだろう。

最近はストレスをあまり感じない。勿論、働いていないということもあるだろうが...

エゴやくだらないプライドがなくなってきたようだ。
まだ、完全ではないが。

ありのままの自分を受け入れ、自分の欲するもののために行動していく。

その一点のために行動していく。
物事は単純なほうがいい。

いやあ、それにしても20代の私はあまりにも醜かった(笑)
若者に不用意にお金をあげてはいけないというのが実感できた。

右上がりの給料も悪くないと思える。







心境の変化

昔はサラリーマンでありながらサラリーマンを馬鹿にしていた。
とんでもない奴だ。
職業に貴賤なしなんていいながらも、馬鹿にしていたところもある。

しかし最近、行くあてもなく、ふらふらしながら街を歩き、色々な人をみていると心境に変化が起きた。
そこには街を歩くサラリーマン、働く人々、色々な光景がみてとれる。

皆、それぞれの事情を抱えながら働いているのだろうと思うと、労働とは縁のない私にはまぶしく見えてくる。
不満を抱きながらも、皆、頑張っているのをみると俺は何をしてるのだろうかと思う。

昔は現実を否定し力任せに生きてきた感じがするが、今は現実を受け入れ、心穏やかに対処しようとしている
自分がいる。

現実を受け入れることは辛いこともあるが、今の私には心の余裕がある。

色々なことがあったが、どれも必要なことだったのだろう。

うーん...

先日、ちらっと書いたがネット経由で応募し、履歴書ををメールで送ってくれと言われたので
送った。送るときに、正社員希望だがバイトでもパートでも良いのでみたい趣旨のことを書いた。が
お祈りメールが本日きた。
ネット上ではその会社は正社員の募集をしていたのだが、メールをもらったときに正社員、パート、アルバイトの希望を明記と書いてあったので、一文書いておいたのだが、玉砕した。

いよいよ煮詰まってきた。


お祈りメール

今日、2通来た。
どうでもいい話だが、一応、中高年失業日記ということでブログを書いているので
どういう状況かをお伝えするために書いている。
本当はどういうサイトで見つけ、どういう会社かも書ければもっと参考になると思う。
もっというと私の履歴も詳しく書ければもっと参考になるのだろうが...

まあ、有名人でもないので適当なところで勘弁してもらいたい。

と書いてるそばから島田紳助が引退会見をしている。
明日から一般人になるので静かにしてほしいとのことだ。

カダフィ政権は崩壊、紳助は引退、ドルは70円台。

世の中、何が起こるか分からない。

面接?

本日、ガテン系?の面接に行ってきた。
雇用形態は正社員、職種はかぎりなく肉体労働とだけ書いておこう。

駅に着き、住所をみながら場所を探す。
見つけ出すも「これって住居?」みたいな建物だった。
まあ、自宅兼オフィスにしてるのかなあと階段を上っていく。
部屋番号を見つける。表札がない。
まあ、いいかあと思い、ブザーを押す。

女性が出てきた。で、中に入ってくれと言われる。
靴を脱いでスリッパに。客人になった感じだ。
あちらの部屋でお待ちください。と言われてはいる。

普通のリビングじゃん、しかも爺さんがいる。
なんだ?
どうしていいか分からないのでしばらく立っていた。
すると、私くらいの年の人がTシャツをきてでてきた。
な、なんだ?

で、とりあえず、履歴書を出した。でも職務経歴書はださなかった。
質問は「経験は?」私はないです。と答える。

分かりました。検討して連絡させて頂きます。

な、な、何だ?

まあ、いいかあ。

人生は経験だ!!











そういえば

ネット経由で応募した塾講師の会社から、メールが来た。
履歴書を送ってくれ。
私の嫌いなパターンだ。というかこのパターンで面接までたどりついたことがない。

ここがまだ良かったのは郵送でなくメールでオッケーなところだ。

とりあえず、バイトでもなんでもいいから雇用の機会を与えてくれと
ものすごく丁寧に書いておいた。

何故か9月が終わるころまでに、決まりそうという強い予感がする。

っていうか、今年ももう終わりだなあ...

面接

月曜日に面接に行くことになった。
激しくガテン系の仕事ですが、まあ、それもいいかと。

実はこの会社に応募したのは塾講師のアイディアが出る前の話だ。
今となってはあまり乗り気でないが、いってみなければ何が起こるかわからない。

電話の応対はめちゃくちゃ良かった。

ニュートラルな気持ちで面接に臨もう。



15年ぶりの再会

今日というか昨日、ある人と再会を果たした。
私が大学時代に知り合い、草野球、マージャン、英会話と色々と御一緒した人だ。
で、私が就職し、海外に行き、日本に戻ってきたものの地元を離れたので疎遠になっていた。
たまに地元にいくことはあったが、ついついあいさつに行きそびれ今日の再会まで15年会うことはなかった。

久々にあったがかなり痩せている。思わず病気ですか?と聞いてしまった。
糖尿病らしい。更に長髪だった髪が坊主頭になっている。
坊主になったらしい、1年前に。60歳にしてお寺に就職。
この人芸能界にもいた人でかなり、かっとんだ人だった。というかただの遊び人か...
まあ、色々とあったのだろう。坊主は天職だと実に穏やかな顔でいっていた。

で、何してるのと聞かれ、無職ですよ。15年ぶりの再会でそういうことが軽く言える人なんですね。色々と話していたら、先生になれば?と言われる。いや、教職とってないし、それこそ無理ですよ。
と言うと塾でいいじゃん。いや、教育業界は結構、いい大学でてないと駄目みたいだし。私の大学では難しいんですよね。というも、でも英語だったらそいつらより出来るだろ?

ということで、早速、家に帰り、検索し、いくつか応募した。

出来ない言い訳よりも、出来る道を探すしかない。

すべての出会いに意味はある。縁は大切にしていかなければならない。




近所のパン屋

近所のパン屋でバイトを応募している。
しかし、募集している時間帯が中途半端だ。
Wワーク、いや、トリプルワークも覚悟しているのでその時間帯だと厳しい。
ものすごく中途半端な時間帯だ。
毎日、複数の職場に行く。そんな人生もありだろう。

そのパン屋の求人のわきにちょこっとあることが書いてある。
「正社員への登用あり。」

今の私にはくだらない文言だ。

暑い!!

今年の夏も去年同様暑い!!

去年のいまごろにあったことを色々思い出す。
一年が経つのはあっというまだ。

最近はハローワークは御無沙汰している。
以前は外出したり、モチベーションを保つために行っていたが
最近は就職活動以外のことが忙しく足が遠のいていたし、行っても就労につながらなかったので
控えていた。

最近はネットで見るようにしている。
なにか変わり映えのしない求人ばかりだ。
まあ、仕事なんてどれも変わり映えもするものでないだろう。

ここ最近DVDを十本以上みただろうか?
ゆっくり見ることができた。ゆっくり映画をみるなんていつ以来だろうか?

今は九月中には仕事を決めるつもりだ。雇用形態はどうでもいい。
贅沢いうつもりもないが、何か一つでも納得のいく仕事にありつきたいものだ。




ラーメン屋

本日、携帯がなった。応募したラーメン屋からだった。
これは面接かな?と思ったが、御断りの電話だった。
「先週までに応募してくれれば面接に来てもらえたのですが、何せ応募者がいっぱいなので
先週で締め切ったんですよ。」と分かったような分からないような、しかし私を傷つけないように
する配慮が伝わってきた。(笑)

もう、傷つく年齢ではなくなった。(笑)
次に行こう。

そういえば、昨日、パン屋のバイトに応募した。
面接をする場合は一週間以内に連絡をするとのこと。
要は向こうが興味がないのなら、連絡しないということだ。

向こうが興味がないのなら、こちらも興味がないということで
2度とそのパン屋にはいかない。(笑)(そんなことはないですけどね。)

ラーメン屋の対応とパン屋の対応。

どちらに軍配があがるかは言うまでもない。

特に小売業は応募者に配慮が必要と思うのは私の気のせいだろうか?


実は

私は探偵もいいかなあと思っている。
会社員生活で何が一番いやだったかと言えば、毎日、毎日、同じ場所、時刻に行くことだ。
(まあ、これはパン屋だろうがラーメン屋だろうが同じことだが。)

海外勤務、営業のころはまだ良かったが経理になってから、就業中に外にでる機会もないし、
結構、苦しかった。そうは言っても、結構、好き勝手にやっていたが。

で、毎日がマンネリズムしにくい職業ってなんだ?と考え抜いた末にでてきた答えが
探偵だ。まあ、実際にやったこともないし、実態はどうか知らないが・・・

ただ、職業はなんですか?と聞かれ、探偵ですって答えるのは、なんとなく微妙だ。



そろそろ、また、

また、数日間サーフィンに行ってきた。
前にも書いたがサーフィンをしている時だけ正気でいれる。
が、いつまでもサーフィンばかりしているわけにはいかない。
なぜなら、サーフィンをしても金が入ってこない。
だから、働かなければならない。

まあ、ここのところかなり力を抜いて、やりたいことをやっていた。
そうはいっても転職サイトをちょこちょこみていた。
勿論、パン屋限定で探しているわけではない。そんなことをしていたら永久に仕事は見つからない。
なにか感じるものがある求人には応募しようと思っているがなかった。

前にも少し書いたが、気になるラーメン屋の求人があった。
気になるなら「ゴ―だ!!」ということで応募した。

そろそろ、全開で仕事探しに向き合おう。

心の大掃除の一部は終わった。


テレビ

最近、本当にテレビを見なくなった。
特に震災以降はみない。
震災の日に、どの局をみても、地震、地震、地震。
だから、消した。
選挙の時もそうだが、どの局も同じ報道をするのをみるのはすきではない。

震災当日、プールで泳いでいて、地震をいまいち、体感していなかったので
ことの重大さが分かっていなかったのも理由の一つだが。

新聞もあまり読んでいない。テレビ欄(何故だ?)とスポーツ欄は軽く目を通すが。

情報をシャットアウトすると、心穏やかに過ごせる。

何故だろうか?

DVD

お盆休み用にDVDを大量に借りてきた。
おめー、いつも休みじゃねえかと言われそうだが、お盆休みは就職活動には適さない。
だから、ゆっくり休む。
今日も既に3本観た。

7月ではじけ、8月で考え、9月で飛躍!!!

なんだ、この余裕は?と自分でも不思議な今日このごろ。



サーフトリップ

ここ2、3日、車でふらふらしながらサーフィンをしていた。
気がつけば世間はお盆休み。
ゴールデンウィークのころはこのころまでには何とかと思っていたが
結局、状況は変わらない。が私の心構えは変わった。

お盆休みで悶々としている無職の人たち。
休みましょう。
だって、世間は休みで何もできないのですから。
サービス業に職を考えている人は別として。
まあ、一日位は、転職サイトみるにしても、無職であることを忘れ休みましょう。

で、お盆明けたらまた、始めればいいのですから。

来週始めも、また、サーフトリップに行く予定だ。
(オメ-はプロサーファーにでも成る気か?って感じですが)


懲りずに応募

今日、パン屋の製造の求人があったので応募した。
前に向かって進むしかない。

久々に求人を色々とみていたらラーメン屋の求人があった。
私は大のラーメン好きで有名店にも結構、行っている。
なにげに心惹かれるのだが、イマイチ応募する気になれない。

リストラ食らってラーメン屋ってなんとなくベタな気がして...

それともう一つの理由は、実は以前ほどラーメンが好きでなくなった。
特に最近はこってり系が多く、次の日までひきずる時がある。

まあ、応募したくなったらすればいいや。
プロフィール

fujimachado フジマチャド

Author:fujimachado フジマチャド
海外で勤務、海外営業、経理、外資系で勤務。今まで働いた業界、業種、職種多数。最後はアメリカの会社でクビ宣告を受ける。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問してくれた人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。